カテゴリー別アーカイブ: 私のテクニック集

化粧ノリを良くするためのノウハウ

最近はコスメの開発もすごくて、日本以外にもいろいろな国のコスメがデパートやドラッグストア、ネットで手軽に購入できるから、毎日メイクする側としても遣り甲斐がありますよね。

でもせっかくきれいなカラーのコスメを購入しても、それを塗る際にベースとなる顔が化粧ノリが悪いと上手く活用出来なくて残念ですよね。

化粧ノリを良くするには、なんといっても美白と保湿です。

美白だったら、手っ取り早いのがピーリングやパック類です。

ピーリングはフルーツ酸の液体を顔に塗ってしばらく置いて洗い流す方法の他にも、ピーリングジェルでぽろぽろとこすりながら古い角質を落としていく方法、さらに酵素や炭酸パック、クレイパックをして毛穴の中の汚れを掻き出す方法等があります。

ピーリングの後に美白効果の高いスキンケアをたっぷりと塗ってあげると、さらに美白効果もアップ出来ます。

顔の古い角質や毛穴に詰まった汚れを取り除いてあげるだけでも、かなり色白で透明感のある素肌になれるのです。

あとは保湿をしっかりしてあげて、化粧下地やファンデーションが粉浮きしないようにしてあげれば、化粧ノリも自然と良くなります。

ファンデーションに頼っていてはダメよ!!

前はすごくファンデーションののりが気になっていて、すごく悩んでいました。

そして、ファンデーションジプシー!
粉っぽくなるのはファンデーションのせいにして(笑)
合うファンデーションが見つかるまでと買いまくりました。

1万円近くするファンデーションもあった。
確かに良かった。
でも、お金が続かない・・・(泣)

そして気付きました。
「内側から行こう」と・・・
お肌にいいサプリメント始めました。
最初はコラーゲンも飲んだけど、私はプラセンタの方が合うみたい。

あと洗顔も大事です。
乾燥していると、やっぱり化粧のノリは悪い。
オイルで化粧とって、洗顔フォームでごしごしやってたんだけど、
乾燥するのは当たり前だということに気づきました。

と、いうことで、今、化粧はリキッドでとっています。
色々試しましたが、一番いいようです。
あと重要なのは洗顔剤なんですが、手作りの石鹸が一番いいです。
自分で作るのが面倒であれば、売ってるのもあります。
私が使ってるのはオリーブオイルのせっけん。絶対潤い逃げません。
あと、朝は水だけで洗顔。夜のケアで、お肌がいい状態になってるので。

基礎化粧品はオールインワンジェルを使っています。充分です。

と、いうことをやっていたら、千円以下のファンデーションでもばっちり乗るようになりました!

お試しあれ!!

お顔のマッサージでデトックス、お化粧のノリも改善

皆さんはお化粧のノリが悪くて悩む事はありませんか?
それは顔のむくみや老廃物が溜まりこんでいる事が原因かもしれません。
顔も他の部位と同じく脂肪が溜まったりむくんでしまう部分、マッサージでそれを押し出す必要があるのです。
かく言う私も肌のハリが無く化粧ノリも悪くて悩んでいたのですが、以前テレビで顔のマッサージをして小顔&肌質改善と言う特集を見て実効、それからと言うもの肌質や顔の輪郭が少しずつ変わってきたのです。
やり方は簡単、お好みのマッサージクリームやコールドクリームで毎晩優しく顔をマッサージしてあげるだけです。ちなみに、私はちふれのコールドクリームを使用しています。肌への刺激が少なく、コスパも良いのでお勧めのクリームです。
マッサージする時のポイントは、なるべく顔の中心から内側に溜め込まれた悪い物を首のリンパ線を通して押し出す、と言うイメージを持つことです。
ただ闇雲に、無理矢理顔を押しまくってはいけません。
こうする事でむくみも改善、肌の内側の悪い物も押し流され肌質も改善されます。
私はこれを始めてからと言うもの、お化粧ノリが良くなったのはもちろん、気になっていた顎のたるみなども改善されました。
顔も他の部位と同じく、動かすケアが必要です。
簡単に始められるので、今日から良かったらクリームマッサージを始めてみてくださいね。

お化粧のりが悪いならいっそのことお肌のケアをしてみたらどうでしょう

お化粧のりが悪いって言うのは、私も経験があるからわかります。

化粧のりが悪い原因と言えば色んな原因があるんだけど、化粧品とお肌の相性が悪かったりするのもあるけど、やっぱりお化粧のりが悪いって言うのは、その下地のお肌に原因があることも考えられます。

だからお肌の状態を良くするケアを心がけていったら、もしかしたら改善するかもしれません。

私はカサカサお肌でお化粧をし難かった経験があるから、お肌のハリと潤いを重点的にしたケアを実践してみるのをオススメします。

後はお顔に産毛が生えていると化粧ののりが悪くなることもあるから、思い切って脱毛サロンに行ってお顔の脱毛をしてみると意外に化粧ののりが良くなると思うのです。

他に考えられる改善策は、毎日の洗顔でお顔の汚れを徹底的に洗い落とせば、化粧ののりに良い効果を与えるかもしれないです。

私の知ってる改善策はこれくらいだけど、もしかしたらインターネットとかを探せばもっと良い解決策が見つかるかもしれません。

化粧のりが悪くても厚塗りはNGです

以前友人の目の下の化粧が黄色く浮いていることが何度かありました。
ちょっと化粧を厚塗りしてそれが浮いてきてしまったのかな、くらいでそれほど気にしていませんでした。

それから程なくしたある時から鏡に写った自分の目の下にクマが目立つようになりました。
いかにも不健康そうで老けた感じに見えるのがとっても気になります。
対策として何かいい方法がないかコスメ雑誌などで調べていたら、コンシーラーを上手に使う方法が出ていました。
黒っぽいクマなら黄色っぽいコンシーラーを塗ってからファンデーションをつけると目立たなくなるようでした。

早速黄色のコンシーラーを塗ってからファンデーションをつけてみました。
はじめは良かったのですが、時間とともに下に塗ったコンシーラーが浮いて目立つようになってしまったのです。
その時、この光景は以前に見たことがあると思い、その時やっと友人の目の下が黄色く浮いていた理由がわかったのでした。

やはり友人も目の下のクマを隠す為に苦心していたのでしょう。
それ以来、クマや何かで化粧映えがしない時でも厚塗りはNGであることを心に銘記するようになりました。

睡眠、栄養、水分でお化粧のりは変わります。

「お化粧のりがよくないな」というとまず頭に浮かぶのは睡眠不足ですね。睡眠不足でお肌が荒れてお化粧のりがめちゃくちゃ、というのはよく聞きます。健康のためにも美容のためにも夜はしっかり眠りましょう。

次に考えるのは、食事、ですね。ビタミンやミネラルなどバランスの取れた食事を心がけることが必要です。若い頃、ポテトチップスを食べたら次の日にニキビが、ということを思い出すと納得できると思います。

睡眠も栄養も問題なかったら、あとはお化粧前にお肌の調子をしっかり整えることです。以前、テレビで有名なメーキャップアーティストが「お化粧前にお肌にしっかり水分を与えることが大切」と言っていました。実際加湿器でお肌に直接水分を与えることをしていました。そこまでのことはできなくても化粧水で水分をしっかり補い、乳液やクリームで水分が蒸発しないようにカバーすることは大切なのでちゃんとやりましょう。

以上のことができたらお化粧のりはかなりよくなると思います。

お化粧のりの改善には蒸しタオルパックが一番

「お化粧のりが悪い時」それは肌が乾燥している時です。
化粧水をつけ、下地クリームや乳液を塗っている時には気が付きません。
ファンデーションを塗り終わると分かります。
何となく粉っぽくカサカサした感じになり、老けた印象になってしまいます。
老けた印象の原因は、お化粧のりが悪いため、目元や口元のシワが目立ってしまうからです。

そこでおすすめなのが、蒸しタオルパックです。
クリームで良く顔をマッサージしてから軽く洗い流し、蒸しタオルでしばらく顔を温めると、肌がしっとりします。
血行が良くなるので、顔色も明るくなり、顔のクスミやむくみも取れます。
蒸しタオルパックの後は、いつも通りにお化粧をします。

蒸しタオルパックは効果があるのですが、時間のある時にしかできません。
お化粧をしてから「どうしよう、ファンデーションがのらない!」という時には、もっと簡単な方法があります。
手のひらにクリームを薄くのばし、そこに化粧水を数滴垂らしてなじませます。
その手のひらを、ファンデーションを塗った後の顔に、ゆっくり押さえるように当てます。
お出かけ前の急いでいる時には、この方法が便利ですよ。

毛穴の汚れをとったら化粧のり凄くいいんです!

毛穴が目立ってきてしまいました。鼻の周りや頬のところが
ブツブツと苺のようになってしまいました。
肌がたるんでハリ感がなくなってきてしまいました。
なんとかしなければと考え
そこで私が試した毛穴ケアはとても簡単な洗顔に目をつけました。
毛穴の汚れは洗顔の泡をそっと動かしながら取り除くようにして
肌に余分な負担のないように洗顔するのです。
毎日続けているとあんなに目立っていた毛穴が気にならなくなってきました。
洗顔できれいになった後、化粧水をつけ肌を引き締めました。
きれいになった肌にたっぷり染みこんでいく化粧水には驚きます。
肌への浸透がとてもいいのです。
毎日のケアで毛穴の黒ずみも目立ちもここまで解消されるのです。
たるみが気になっていたけれど肌の調子がみるみる改善されて
スキンケアの大切さがよくわかりました。
たるんだ毛穴も引き締まって、きれいな肌に生まれ変われるのです。
体験して効果の見えることが嬉しくなります。
化粧のりがとてもよく化粧直しもいらないくらいです。
毎日鏡を見るのが楽しみになっています。

化粧のりは顔剃りで決まります

若い頃から化粧のりが悪かった私が最近調子がいいのは、息子の髪を切ってもらいに散髪屋さんに行くようになってからです。

小学校に上がるまでは私が家で切っていましたが、さすがに小学校に上がってからはちゃんとしてあげなきゃと思って、連れて行くようになったのです。

待っている間が暇で、店内をキョロキョロ見回していると、カットメニューが目に入りました。

その中に「女性顔剃り」というのがあったのです。

そういえば、子供の頃は美容院なんか行けず、散髪屋さんばかりでした。

カットをしてもらった後、顔剃りしてもらったな〜と思い出しました。

大人になって美容院に行くようになってからは、顔剃りはいつも自分でしていましたが。

なんとなく懐かしくなって顔剃りを頼んだら、これがとても気持ちがいいのです。

顔を泡だらけにされて、手慣れた手つきでサッサッサッとカミソリを入れてくれます。

終われば熱いタオルで顔全体を包んでくれて、ホワ〜ッと蒸気で癒されました。

そして子供の頃にもされた、お決まりのおしろい。

パフパフされていい香りがしました。

翌日になりお肌が落ち着くと、嘘のように化粧のりが違います。

まるでファンデーションが吸い付くようです。

眉も形よく剃ってくれていて、描くのがとても楽でした。

昔ながらの散髪屋さんの顔剃りを侮ってはいけません。

あれはひとつの職人技です。

化粧のりを上げる3つのコツ

朝の化粧のりの良し悪しで、その日一日のやる気というか、
テンションが決まってしまうことないですか?
私は、特にファンデーションののり具合が良いと朝からご機嫌でいってきますの声のトーンまで違います。

気分まで変えてしまうくらい、化粧のりって大切です。

そんな訳で、いかに化粧のりの良い肌で朝を迎えるかが大切なポイントになってくるのです。

週に2回、市販のものでかまわないので、ピーリング剤を使って、肌のくすみをとってあげます。

やりすぎると肌が荒れてしまうので、多くても3回までにとどめてください。朝、起きた時の肌のくすみがぜんぜん違って見えます。

まさに、ゆで卵の薄皮をむいた状態ですね。
そして、化粧水パックもかかせません。

高価なパックをたまにするのも良いですが、安い化粧水で毎日パックするほ方が断然、効果があるように思います。

最後に、朝の化粧ですが、スキンケア後すぐに始めるよりも、スキンケアの後、朝食をはさむなど、少し時間を置いて肌を落ち着かせてから化粧を始めるのも、化粧のりをアップさせてくれますね。

どれも、手軽に始められるものなので、お勧めです。