顔の産毛を処理して、化粧のりを良くしましょう

化粧のりが悪いと、顔色が悪く見えてしまって気分まで暗くなりがちです。顔に産毛があるとファンデーションが肌に密着できないので、化粧が映えなくなってしまいます。そこで、顔の産毛を処理すると顔色が明るくなります。

顔の産毛を処理すると言うと、カミソリを使って剃りたくなります。私も以前はカミソリを使っていましたが、肌が荒れてきたので止めました。カミソリは、力の加減が難しいです。強い力でカミソリを動かすと角質層が傷ついて、肌の水分が失われてしまいます。産毛を処理するときは、女性用電気シェーバーを使うと優しく剃ることができるので、おすすめです。

それから最近使い始めたのは、産毛用のローラーです。金属のコイルを肌に当てて転がすと、産毛がコイルに絡め取られて抜けるというものです。産毛を抜くので少し痛みがありますが、使った後は肌がすべすべになります。一度使ったら、しばらくの間産毛が伸びてこないので、肌のお手入れも楽になります。

自分に合った処理方法を見つけて、化粧をより楽しめるようになることを願っています。