保湿の仕方だけで化粧のりは劇的に変わる

保湿というと基本的すぎて当たり前のように思われていますが、実際はちゃんとできている人は少なくて、実は肌が乾き気味って人は多いです。

特に普段からお化粧をしては落とすを毎日繰り返している女性は、その度に重要な保湿成分が流れでて不足しています。

でも普段から基礎化粧品で保湿していると言われそうですが、その方法を考えなおすだけでおそらく化粧のりは変わると思います。それくらい保湿は重要なんです。

お化粧+洗顔=化粧のりが悪くなる原因

洗顔は保湿には良くないことです。

えっ?と思われそうですが、洗顔、特に化粧を落とすクレンジングは保湿成分を洗い流してしまいます。

保湿成分って脂分なので、同じくオイル成分が中心のお化粧と一緒に落されてしまいます。

それくらいで落ちた保湿成分はまた一晩で復活するのですが、毎日、しかもお化粧をしっかりと落としているとだんだんと保湿成分の補給が追いつかなくなります。

するとお化粧のりが悪くなってきます。

ファンデなどに入っている保湿成分はごまかし程度

じゃあ保湿成分入りのファンデーションとかでいいじゃん。それつかってからノリがよくなったよっていう人もいるでしょう。

でもそれってノリがよくなったのじゃなくて、そう勘違いしているだけです。

本当にお化粧のりが良くなったなら、明らかに見た目が違います。本当に今のお化粧に満足できていますか?たぶん出来ていないと思うんですよね。

お化粧に含まれる保湿成分はやはり簡単に蒸発してしまいます。お肌の上に乗っかっているだけなので、乾きやすいし量も少ないです。

本当に保湿できていると肌の中から水分が十分に出てくるので、お化粧と肌が浮かずにピッタリとくっついてくれます。この僅かな差が、光のあたり具合とか、光の反射とかですごい差が出ます。一度本当の保湿ができるようになると気づくと思います。

保湿で別人になれます

保湿方法は理屈で考えて実践です。

セラミドとNMFの2つは最低条件。セラミドは直接補給するものでも、肌内部で発生するものでも構いません。補給するものは絶対にナノ化と人型であること。これが条件です。

あとはいろいろ試して欲しい条件がありますが、とにかくこれを守れば変わってきます。

保湿って簡単にいいますけど、すごい重要で案外と難しいんです。

化粧のりはほぼ保湿の問題。

お化粧についてあれこれ悩む前に、ぜひ保湿対策をバッチリしてほしいと思います。

保湿方法の参照サイト

目の周りの乾燥対策
目の周りのデリケートな皮膚に特化した乾燥対策のサイト。おすすめの保湿化粧品も紹介。

口の周りの乾燥対策
口の周りは目の周りほどデリケートではありませんが、一度乾燥すると敏感に傾き痒くなりやすい場所です。ここのポイントはほうれい線の原因になるということ。口周りの乾燥は口元の老化を早めるので注意が必要です。